20:29 2018年11月15日
ボルトン大統領補佐(アーカイブ写真)

ボルトン補佐官「INF条約に関する米立場を日本が支持する可能性」 英に続き

© Sputnik / Alexey Vitvitsky
米国
短縮 URL
2311

ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が、中距離核戦力(INF)全廃条約に関する米国の立場について、英国に続き日本が支持する可能性があると述べた。

スプートニク日本

ボルトン補佐官によると、米政府は既に、INF全廃条約から脱退するとのトランプ米大統領の意向について、自らの複数の同盟国と論議した。ボルトン補佐官はコメルサント紙とのインタビューで、「我々は彼ら(同盟国)と協議した。英国の国防相は、この問題で自らが断固として米国の側に立っていると発言している」と述べた。

さらに、「日本やその他の国々が(中・短距離核ミサイルに関する米国の立場について)我々を支持すると私は確信している。この問題に関しては、我々はこれから先も、NATO(北大西洋条約機構)の同盟諸国と協議していく。我々は既に、このプロセスを開始しており、これを継続する」と強調した。

タグ
米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント