20:29 2018年11月15日
米国、半導体大手情報を盗んだ容疑で中国と台湾企業を起訴

米国、半導体大手情報を盗んだ容疑で中国と台湾企業を起訴

© Fotolia / Alan Crosthwaite
米国
短縮 URL
0 63

連邦大陪審が米半導体大手マイクロン・テクノロジーの機密情報を盗んだ疑いで、中国と台湾の2つの企業と台湾人3人を起訴したことが1日、わかった。時事通信が米司法省の発表をもとに伝えた。

スプートニク日本

企業は中国国有企業の福建省晋華集成電路(JHICC)と台湾のUMC(聯華電子)。マイクロン製の半導体メモリーDRAMの製造技術などを盗み出したとされる。

セッションズ米司法長官は「急増する中国の産業スパイを厳しく起訴していく」という内容の声明を発表した。

関連ニュース

中国のハッカー、米航空機のエンジン情報を盗もうとした容疑で起訴される

中国、「一帯一路」プロジェクトをスパイ活動のために利用としているとして非難される

タグ
台湾, 中国, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント