23:39 2018年11月20日
米上院

6日の米中間選挙で大半の議席が改選へ なぜこれが重要で誰が勝つのか?

© Fotolia / Vichie81
米国
短縮 URL
182

11月6日の米中間選挙で争われるのは、上院100議席のうち35、下院435議席すべて、50州のうち36州の知事、その他裁判官などだ。スプートニクは中間選挙が重要な理由と、そのあり得る影響について短くお話する。

スプートニク日本

現在、トランプ米大統領の共和党が上院に保有する議席数は最低限。共和党議員が51人に対して民主党議員49人だ。

中間選挙で民主党が勝てば、トランプ氏は打ち出す多くの案について、反対する民主党議員と議会で話をつけることになる。民主党はトランプ氏に対する捜査の活性化も可能だろう。しかし、民主党が自身の政策を完全に推進することはできない。トランプ氏は依然として拒否権を保持するためだ。

知事選も重要だ。民主党候補が負けると、州に対する党の管理が危機的状況に陥る。現在、26州を共和党が、9州が民主党候補が管理している。

米中間選挙でおなじみのシナリオが繰り返されると、以前は思われた。それは、先の大統領選でのヒラリー・クリントン氏の敗北に対し、民主党支持者が報復を達成し、共和党員の議席を減らすというものだ。だが10月初めに行われた世論調査では、共和党を支持する有権者が急激に活発になったと指摘され始めた。普及した説によると、ブレット・カバノー氏の話がここに関係している。カバノー氏が連邦最高裁判事に指名され就任する前、氏の性的暴行疑惑が浮かび上がった。この説に従うと、民主党に反対する人々が、カバノー氏を巡る疑惑が不当で政治的だと判断したというわけだ。

関連ニュース

カバノー候補セクハラ疑惑の被害者は「嘘つきのふしだらな女」 投稿した記者が失職

中国が選挙に干渉」とのトランプ大統領による非難、専門家が説明

タグ
選挙, ドナルド・トランプ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント