12:02 2018年12月13日
資料写真

米国防総省、戦闘用レーザーを米軍に装備する計画

© 写真: Public domain/U.S. Air Force/Master Sgt. Andy Dunaway
米国
短縮 URL
114

米軍が数年以内に高出力のレーザー兵器を受領すると、グリフィン米国防次官が明らかにした。

スプートニク日本

ワシントンにある戦略国際問題研究所(CSIS)で発言したグリフィン次官は、「私の見解では、我々が指向性エネルギー兵器(DEW)、特にレーザーを開発するまでにかかる歳月は数年以内だ」と指摘。

露国防省
© Sputnik / Natalia Seliverstova
その際、グリフィン次官は、そのような兵器の開発は米国に対し、財政支出を現在の状況と比べて3~4倍に拡大させることを求めるだろうと強調した。

グリフィン次官によると、米軍はまた、潜在的な敵の無人航空機を故障させることを可能にする兵器の開発のため、強力なマイクロ波放射を利用する意向だという。

関連ニュース

NATO事務総長、加盟国が新兵器に費やす金額について語る

欧州に新たな核ミサイル配備の予定ない=NATO

タグ
武器・兵器, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント