18:36 2018年12月16日
ドナルド・トランプ米大統領

トランプ大統領、カショギ氏殺害の音声ファイルに言及「聞きたくない」

© REUTERS / Joshua Roberts
米国
短縮 URL
0 32

サウジ反体制派ジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏が殺害される様子を記録した音声ファイルについて、ドナルド・トランプ米大統領は「聞きたくない」と述べていたことが明らかになった。米FOXニュースが伝えた。

スプートニク日本

トランプ大統領はFOXニュースのインタビューで「われわれは(カショギ氏の)音声ファイルを持っているが、私がそれを聞かなければならない理由はない。それは苦痛に満ちた最悪なファイルだからだ。音声ファイルについては重々承知している。私が聞かなければならない理由はない」と述べた。

アラブ系メディア「アルジャジーラ」は先に、トルコ紙「デイリー・サバー」の記者、ナジフ・カラマン氏からカショギ氏の最期の言葉を記録した音声ファイルを入手したことを明らかにしている。

トランプ大統領によると、殺害の様子は残酷で悲惨だった。同大統領はまた「サルマン皇太子とは個人的に話をしたが、彼は関与していないと5回ほど断言している」と繰り返し述べたものの、サウジの実力者、サルマン皇太子のカショギ氏殺害関与の可能性については回答を見送った。

カショギ氏は10月上旬に在イスタンブール・サウジアラビア総領事館に入った後、行方不明となった。同氏の婚約者によると、在イスタンブールのサウジ領事館職員が結婚手続きを理由に同氏を領事館に招待したものの、婚約者の方は施設に入ることを拒否された。5時間後、領事館職員は婚約者に対し、「カショギ氏はすでに立ち去った。これ以上待つ必要はない」と伝えた。

サウジ検事総長はその後、カショギ氏が総領事館で殺害されたことを認めている。

関連ニュース

サウジ記者殺害 音声記録はサウジの説を否定している

サウジアラビア国王、死亡した記者の遺族と面会=マスコミ

タグ
事件, 殺害, ドナルド・トランプ, サウジアラビア, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント