05:51 2019年12月15日
ブティナ氏

「露女スパイ」ブティナ被告、司法取引に応じる意向 父親が確認

© REUTERS / Alexandria Sheriff's Office
米国
短縮 URL
0 11
でフォローする

米国で逮捕されたロシア国籍の女性、マリヤ・ブティナ被告の父親、ワレリー・ブティン氏は複数のロシアメディアに対し、自らの娘であるブティナ被告について、登録することなく外国工作員として活動した罪を認めることを意味する司法取引に応じる意向であると確認した。

スプートニク日本

また、ブティン氏は、「私は、(罪を認めるとの)決定が圧力なしに下されたとは思っていない」と指摘する一方で、「自分が犯していない違法行為の罪を」自らの娘が「認めることはない」とつけ加えている。

ブティン氏が主張するところでは、ロシアはブティナ被告に対し、いかなる資金援助も提供していないという。ブティン氏は、「弁護士の費用を誰も賄っていない。ロシア国内からこの目的のために入ってきたものは何もない。国家によるいかなる支援もない」と述べている。

マリヤ・ブティナ被告は7月に米国で拘束された。最高で懲役15年の判決が言い渡される可能性がある。被告は、米国政治への影響力を持つ企業への潜入を試みたり、無申告の外国の工作員として活動した疑いが持たれている。

なお、被告は裁判で無罪を主張した。弁護士はブティナ被告について、違法行為は一切しておらず、米国と被告の関係は、「国際関係」を専門とする現地の大学での学業によってすべて説明されていると述べている。

マリヤ・ブティナ被告は7月に米国で拘束された。最高で懲役15年の判決が言い渡される可能性がある。被告は、米国政治への影響力を持つ企業への潜入を試みたり、無申告の外国の工作員として活動した疑いが持たれている。なお、被告は裁判で無罪を主張した。弁護士はブティナ被告について、違法行為は一切しておらず、米国と被告の関係は、「国際関係」を専門とする現地の大学での学業によってすべて説明されていると述べている。

関連ニュース

米財務省の女性職員、「ロシア疑惑」機密データの漏洩で訴追

タグ
露米関係, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント