02:20 2019年09月23日
ジョージタウン大学

米名門大学、ロシア「ハイブリッド戦争」の講義を実施

© AP Photo/ Jacquelyn Martin
米国
短縮 URL
237
でフォローする

1789年に創設された最も古い米国の大学の1つである名門ジョージタウン大学は、「ロシアのハイブリッド戦争」という講義を行っている。講義の情報は大学サイトに掲載されている。

スプートニク日本

説明によると、講義ではロシア大統領府の行う「ボットや荒らし、情報操作」や「米大統領選挙以来認知度が高まったロシア大統領府の新しい戦争の手段」や「クリミアの併合」について学ぶ。

また、こうしたハイブリッド戦争が米国の「社会や市民をいかにターゲットにしているか」も授業で取り上げる方針だ。

講義は「ロシアの教義とイデオロギー」を取り上げる。そしてハイブリッド戦争の「例」やハイブリッド戦争に対する対抗が「米国やその同盟国にとってなぜ難しいのか」を探る。

関連ニュース

英紙「ザ・タイムズ」 アニメ『マーシャと熊』はクレムリンの「緩やかなプロパガンダ」

米軍、ロシアによる選挙介入を防ぐためにサイバー空間における初の作戦を開始 ニューヨーク・タイムズ

タグ
文化, 露米関係, ロシア, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント