13:31 2019年05月26日
トランプ氏

トランプ氏、NATO離脱に何度も言及していた

© Sputnik / Alexei Vitvitsky
米国
短縮 URL
2112

米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は米トランプ政権筋の話として、複数の政府高官が昨年複数回にわたり、トランプ米大統領から北大西洋条約機構(NATO)離脱の意向を聞いたと報じた。

スプートニク日本

昨年7月に開催されたNATO首脳会議中、トランプ氏は国家安全保障担当の補佐官にNATOの存在意義を疑問視する発言を行い、離脱の意向を漏らしていた。

同紙によると、マティス前国防長官やボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)は離脱が欧州での米国の影響力を著しく低下させ、数十年間にわたりロシアを「強化する」と考え、トランプ氏の意図に言及せず米国の戦略を進めるよう急がせた。

NATO軍司令官を務めたジェームズ・スタヴリディス氏は、米国の離脱が「超大規模の地政学的過ち」になると指摘する。

関連ニュース

米国 INF離脱をNATOと協議へ WSJ報道

NATOは一貫して東方拡大を続けている=露外務省

タグ
NATO, ドナルド・トランプ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント