19:41 2019年07月20日
トランプ氏

トランプ大統領 アラスカにミサイル迎撃の新ステーション配備計画を明らかに

© AP Photo / Evan Vucci
米国
短縮 URL
152

米国の表したMDシステムの今後の発展の新戦略はアラスカのフォート・グリーリー基地へさらに20基の迎撃機の配備を見通している。

スプートニク日本

トランプ米大統領は17日、国防総省で新ドクトリンのプレゼンテーションを行った中で、これを明らかにした。

「我々の戦略はアラスカのフォート・グリーリー基地に20基の地上型迎撃機の配備を、また我々の偉大な国に向かって発射される外国のミサイルを瞬時に発見するための新たなレーダーとセンサーを要している。」トランプ大統領はこう指摘した。

関連ニュース

米、陸上配備型MD要素を約250基まで増強

米戦略軍司令官、米が露最新鋭ミサイルを迎撃不可と語る

タグ
露日関係, 軍事, ドナルド・トランプ, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント