06:40 2019年05月20日
ソロス氏(アーカイブ写真)

ソロス氏 開かれた社会に対する最も危険な敵は「習主席」

© Sputnik / Sergei Guneyev
米国
短縮 URL
2121

米国の億万長者ジョージ・ソロス氏が、中国の習近平国家主席について、開かれた社会(オープン・ソサエティ)に対する最も危険な敵であると名指しした。ダボスでの世界経済フォーラム年次総会で発言した際に述べた。サウスチャイナ・モーニング・ポスト紙が伝えている。

スプートニク日本

ソロス氏は、「中国は、世界で唯一の権威主義体制だというわけではないが、最も裕福で、最も強く、そして技術的に最も進歩した権威主義体制だ」「このことが、習近平主席を開かれた社会に対する最も危険な敵にしている」と述べている。

ソロス氏によると、開かれた社会に「(世界各地の)全体主義体制」が対抗していくさらに大きな可能性を先進的な技術開発が与えつつあり、習主席が中国国民を完全にコントロールすることになるかもしれないという。

同紙は、「中国の国民、とりわけビジネス界と、儒教的伝統を支持する意思がある政治エリートに対して、我々は希望を託さなければならない」とのソロス氏の言葉を引用している。

ソロス氏の言葉について、中国外務省の華春瑩報道官は、反駁にすら値しないものだと論評。

記者会見で、「黒を白と偽ったり、事実を歪曲したりする個々の人物による声明は全く無意味なものであり、反駁にすら値しない」と述べている。

関連ニュース

タグ
情報戦, 戦争・紛争・対立・外交, びっくり, 習近平, 中国, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント