18:14 2019年02月22日
ジェラルド・R・フォード級航空母艦

1.4兆円の空母に新たに問題発覚=ブルームバーグ

© US Navy/Mass Communication Specialist 2nd Class Ridge Leoni
米国
短縮 URL
0 20

米海軍で最も高額なジェラルド・R・フォード級航空母艦の機器に新たに不具合が見つかった。米国防総省が発表した。

スプートニク日本

ブルームバーグが報じるところ、建造費が130億ドル(約1兆4千億円)の同艦は2017年に米海軍に就役。740回の試験航行を行い、海上オペレーションで航空機の離着陸システムに20件の不具合が見つかった。

ジェラルド・R・フォード級航空母艦は米国の新世代原子力空母艦級の母艦。ニミッツ級航空母艦の後継空母になる予定だ。

関連ニュース

米の最新型空母 極容易な課題も遂行不可能

約41億ドルの英国の新空母 就航後まもなく漏れが見つかる

タグ
武器・兵器, 軍事, アメリカ軍, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント