11:14 2019年05月23日
中国、史上初の無人艦からの気象観測ロケット打ち上げに成功

中国、史上初の無人艦からの気象観測ロケット打ち上げに成功

© 写真: ZHENG Siping/IAP/CAS
米国
短縮 URL
151

中国科学院は史上初めて、気象データを収集する観測ロケットを打ち上げた。打ち上げは、中国がこのミッションのため特別に開発した半潜水式無人艦によって成功した。

スプートニク日本

同艦は海岸から遠く離れた海上から直接気象ロケットを打ち上げ可能。この手法により、海洋上空の大気の状態の詳細なデータを集められる。航行速度は時速3千キロで、1時間で最大48発のロケットを打ち上げられる。2016、2017年に行われた実験の結果が、先月31日、学術誌「Advances in Atmospheric Sciences」に掲載された

これまで気象データは観測タワーや船などの海洋観測プラットフォームや人工衛星、飛行機によって集められていた。今回の手法により、必要なデータ収集のコストが大幅減となる。

関連ニュース

米海軍中将、露抑止のため無人艦艇の開発を呼びかけ

日本が開発着手の水中ドローン 米国製に類似するか?

タグ
テクノ, 中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント