07:02 2019年05月23日
米国防総省(アーカイブ写真)

米国防総省、極超音速ミサイルの迎撃システム開発へと準備

© AFP 2019 / Staff
米国
短縮 URL
115

米国防総省は現在有する迎撃システムの性能を評価し、極超音速兵器迎撃に新たなシステム開発の必要性を検討している。

スプートニク日本

ミサイル防衛局長官のサミュエル・グリーブス空軍中将は、既存の迎撃システムから新たな開発まで様々な案を検討中だと述べた。その上で、米国は新たな種類の防衛・攻撃用装備を発展させる予定だと続けた。

昨年12月、政府監査院は、ロシアと中国が開発した新種の極超音速兵器から防衛する能力が米国には不十分だとする報告書を提出した。

関連ニュース

イラン、新型長距離巡航ミサイルをお披露目=国営テレビ

ロシア海軍、幻覚発生兵器を導入

タグ
軍事, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント