22:49 2019年05月19日
ジョン・ハンツマン駐露大使

米、INF条約違反のミサイル実験データをロシアに提供=米大使

© Sputnik / Sergey Pyatakov
米国
短縮 URL
123

米国のジョン・ハンツマン駐露大使は露経済紙RBKに寄稿した記事で、露巡航ミサイル9M729の実験データをロシアに提供したと明らかにした。米国はこのミサイルの射程が中距離核戦力(INF)全廃条約に違反していると主張している。

スプートニク日本

「米国はロシア政府に条約違反を裏付ける十分な分量の情報を提供した。実験実施日と地理座標も含んでいる。だがロシアは違法行為を行ったことを否定し続けている」

ロシアのリャブコフ外務次官は先に、米国が「インターネットからダウンロードできる衛星写真」とミサイル打ち上げ基地「カプースチン・ヤール」の建物いくつかの写真を渡し、この建物からミサイルが発射されたと主張してきたと明らかにしていた。

だがリャブコフ氏は「宇宙から撮影された何らかの建造物と発射が行われた2つの日付は、ミサイル発射の飛距離の証拠と同じではない」と反論した。

関連ニュース

露国防省 米国がINF違反を主張するミサイルの性能を明らかに

タグ
軍事, ミサイル, 武器・兵器, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント