08:37 2019年09月21日
飛行機

米軍機、ロシア上空を飛行

© AP Photo / Pavlos Vrionides
米国
短縮 URL
2410
でフォローする

米軍機「ボーイングOC-135B」がオープンスカイ条約に基づき、ロシア領域上空で査察飛行を行った。米国はこの行為を両国間の緊張を受けたものだと説明する。

スプートニク日本

米国防総省の報道官は、今回の飛行が2017年秋以来初めての査察飛行になったと発表。この空白期間を米国側は、露米関係の冷え込みを受けたものだと説明した。その上で、ロシア側は航行について通知を受けていると続けた。

オープンスカイ条約は1992年、ヘルシンキで調印された。同条約により、諸国は軍事活動管理を目的にお互いの領域上空を航行できる。

関連ニュース

ロシア戦闘機、米哨戒機に緊急発進 バルト海

ロシアの長距離戦略爆撃機2機が、日本海とオホーツク海の公海上を通過

タグ
軍事, 飛行機, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント