06:51 2019年10月15日
マイクロソフト

マイクロソフト、米軍との契約破棄を拒否

CC0
米国
短縮 URL
164
でフォローする

軍との協力を停止するよう求め、マイクロソフトの経営陣に対して同社社員50人超が訴えたにもかかわらず、同社には自らの計画を変更する意向はない。

スプートニク日本

同社のサティア・ナデラ最高経営責任者(CEO)は、米軍との契約に憤慨した社員らによる要求に対し譲歩することを拒否。

CNNビジネスとのインタビューでナデラCEOは、「我々は原則的な決定を下した。我々が支持している自由を守るため、我々が各民主主義国家で選んだ制度に対し、テクノロジーを与えないでおこうというつもりは我々にはない。我々はこの決定について非常にはっきりしていたし、(社員らとの)この対話を継続する」と述べた。

50人を超えるマイクロソフト社員らは先週、ナデラCEO宛ての書簡を公表。拡張現実(AR)技術「HoloLens」を兵士に提供することを前提とする7億4900万ドル相当の米軍との契約を同社経営陣が破棄するよう要求した。

書簡では、「我々は兵器の開発に同意したことはなく、我々の活動が利用される際に声を上げる権利を要求する」としているほか、「社員及び株主として、戦争において技術を悪用する者になることを我々は望まない」と述べられている。

その後、ある社員の話としてビジネスインサイダーは、ナデラCEO宛ての書簡に署名した人の数が200人を超えたと報じた。

関連ニュース

グーグル、米国防総省の100億ドル相当のクラウド技術開発の契約入札に参加せず

アマゾンCEO、米国防総省との協力は拒否しないと表明

タグ
軍事, スキャンダル, テクノ, 米国防総省・ペンタゴン, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント