22:18 2019年07月19日
冤罪で39年服役の年金生活者に2100万ドル支払い カリフォルニア州

冤罪で39年服役の年金生活者に2100万ドル支払い カリフォルニア州

© AP Photo / Rich Pedroncelli
米国
短縮 URL
1 0 0

カリフォルニア州当局は、​無実の罪で2人の殺人事件​の​有罪判決を受け、39年間の獄中生活を強いられた年金生活者のクレイグ・コーレイ氏に、2100万ドル​の賠償金​を支払うことに同意した。米TVネットワーク「ABC」が報じた。

スプートニク日本

コーレイ氏は、1978年にロンダ・ウィクト氏と彼女の4歳の息子の殺害容疑で有罪判決を受けた。彼は早期釈放の権利のない終身刑を​言い渡された。

は、2017年に弁護士が被告の無罪を証明するまで39年の​間、服役していたが、同年11月、裁判所は当時70歳​に達した​コーレイ氏の釈放を決定した。

犯罪現場での追加捜査の過程で、他​の人物​の精液と皮膚の一部が発見され、DNA鑑定​が行われた結果、​コーレイ氏の殺人関与は立証されなかった。

さらに、​被告弁護人の尽力で事件の重要証人の証言への異議が認められた。この証人は、被害者の隣人​の女性​で、犯行時に窓から被告の自動車を目撃したとされていた。検証の結果、証人は誰が車を運転していたか​をはっきりと目にしてはいなかったことが判明した。

関連ニュース

 

 

タグ
びっくり, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント