22:40 2019年03月22日
髪型髪型

他人の髪型への侮辱は差別に相当 ​NY人権委員会​【動画】

CC0 / PixabayCC0 / Pixabay
1 / 2
米国
短縮 URL
234

ニューヨーク市人権委員会は、​他人を​ヘアスタイルや髪の毛の色​を挙げ諂い、侮辱することは許されないという​規制を市民に対して発令した​。米紙「ニューヨーク・タイムス」が報じた。

スプートニク日本

この変更は第一に黒人の権利に関するもので、人種差別との闘いを目的とする。​委員会の規制には、​ニューヨーク市民​には​さまざまなヘアスタイル​を選ぶ権利があると強調された。一方で但し書きとしてヘアスタイルが公衆衛生と衛生学の規則に明らかに違反している場合は、例外と​されている​。

​新たな規制​は、ヘアスタイルと髪の毛​が文化的独創性と​密接に関連しているに基づいている。規制の公表後、髪の毛による差別は人種的なものと見なされ、それに応じて処罰される。

また、企業は従業員に​対し、従来のヘアスタイルを禁止したり、他の色に髪を染めることを要求できなくなる。差別​が行われた​事実が立証された場合、市委員会​から​は最高25万ドルの罰金​が​請求​されうる。 

米国では、アフロヘアスタイルをする権利は、アフリカ系米国人の闘争の重要な要素であり、1960年代には、この髪型は政治的アピールとして広く認められていた。

このテーマは、​これまで多くの著名人や有名人が黒人の歴史について​語る際に触れ​られて​いる。例えば、米国シンガーソングライターのソランジュ氏は、「Don‘t Touch  My Hair」という曲を通じてこの問題を扱った。

関連ニュース

英軍で人種差別 黒人男性に7000万円の慰謝料

アマゾン、女性差別があったため、人事を決める際にAIの使用を中止へ

タグ
文化, ファッション, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント