06:18 2019年03月22日
エリザベス・ウォーレン

米上院議員、巨大テック企業の解体を提案

© AP Photo / Susan Walsh AP file
米国
短縮 URL
233

米民主党の大統領候補指名争いに立候補したエリザベス・ウォーレン上院議員は8日、アマゾンやグーグル、アップル、フェイスブックといった巨大ハイテク企業の分割を提案した。

スプートニク日本

「全てをひっくり返せると考えている巨大企業が国内にいる」とウォーレン氏は指摘。

ウォーレン氏はアマゾンを、権力者が弱い人々に欲望を押し付けるディストピア小説「ハンガー・ゲーム」にたとえた。

ウォーレン氏によると、提案した計画によって、フェイスブックによるワッツアップやインスタグラムの買収やアマゾンによる高級生鮮食料品スーパー「Whole Foods Market」の買収、グーグルによる「Waze」の買収などの巨大ハイテク企業による一部の買収取り消しにつながる。

関連ニュース

タグ
テクノ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント