00:19 2019年04月21日
ミサイルGBU-69/BSGMのテスト

米空軍が実験の小型滑空ミサイル 飛行中に標的変更が可能【写真】

© 写真: Dynetics
米国
短縮 URL
112

米空軍は小型滑空ミサイルGBU-69/BSGMのテストを実施した。同ミサイルは飛行中に標的を変更することが可能。米情報技術企業「ダインティクス」社が報じた。

スプートニク日本

2016年から開発が進められているGBU-69/BSGMミサイルは、全長が1.06メートルで直径11.4メートル。

このミサイルは、爆撃機から投下された瞬間に長さ71センチの翼を広げるが、この翼により、重量27キログラムの砲弾の射程距離は37キロメートルとなる。

ミサイルGBU-69/BSGMのテスト
ミサイルGBU-69/BSGMのテスト

テストの過程で、米軍は航空機からミサイルを投下した後に、目標物の変更を行なった。

目標物の再設定の指示に従い、ミサイルは演習場に設置されたターゲットのSUV車に落下が予定されていた。

ミサイルのデータ変換システムは、効率的で迅速に機能し、テストは成功とみなされた。

2019年の終わりまでに、小型滑空ミサイルのテストは第2段階に移行する。次回はドローンから投下される。

関連ニュース

米、1万超のミサイル取得へ ロシアに対抗

「脅威の武器」米誌、ロシア極超音速海上発射ミサイルを評価

タグ
軍事, ミサイル, アメリカ軍, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント