11:03 2019年07月20日
バズ・オルドリン宇宙飛行士、月で

2024年までに「どんな犠牲を払っても」月に米国宇宙飛行士を  トランプ大統領が要求

© 写真: NASA
米国
短縮 URL
141

ホワイトハウスの要請に応じ、米航空宇宙局(NASA)は、今後5年間で米国人宇宙飛行士による月への飛行を計画する。マイク・ペンス副大統領がこの計画についてNASAでのスピーチで言及し、その一部を自身のツイッターに投稿した。

スプートニク日本

ペンス副大統領はNASAのスタッフに向かって、「大統領は、 NASAとその責任者であるジム・ブライデンスタイン長官に、 必要なあらゆる手段でこの任務を遂行するよう指示した。… あなたたちは、宇宙産業や政府機関、民間企業を含め、 あらゆる手段の導入の可能性について検討しなければならない。 政府とすべての米国国民は、この目標を支持している」と語った。

またペンス副大統領は、「ホワイトハウスの戦略は、 今後5年間で米国の宇宙飛行士を月に戻すことだ。 月面に足を踏み入れる初の女性と次なる男性は、 米国の宇宙飛行士になる。 彼らは米国の領土から出発した米国のロケットによって送られる」 と強調した。

NASAのジム・ブライデンスタイン長官は、 ペンス副大統領のツイッターでの言葉に応じ、「 呼びかけを受け止めた。今から 仕事に取り掛かる」と答えた。また、同長官は、「 NASAとの契約に関わって、 9つの米国企業が月面への科学機器の最初のロットの送付で競合し ている」と述べた。ジム・ブライデンスタイン長官によれば、 入札結果は5月に発表される。

先に、NASAは次の2020会計年度に、 月の探査のため5億ドル超(約555億円) の予算を求めたことを明らかにした。

史上初めて人類を月に着陸させることに成功したミッション「 アポロ11号」は1969年に行われた。 米国が着陸計画を終了した1972年12月までに月に到達したの は合計12人、いずれも米国宇宙飛行士である。

関連ニュース

タグ
マイク・ペンス, NASA, 宇宙, 米国, ドナルド・トランプ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント