11:06 2019年06月18日
女性(アーカイブ写真)

カリフォルニアの小・中学生に対しスマートフォンを禁止に

CC0 / Pexels/Anastasiya Gepp
米国
短縮 URL
262

米国カリフォルニア州では、学校での携帯電話の使用を制限する法案が議論されている。法律が可決された場合、学校側が新しい法律を遵守する責任を負う。

スプートニク日本

当局は、 この禁止が生徒たちの成績と心理状態の両方に効果をもたらすと考 えており、2015年に英国で行われた研究に言及している。実験 は、 スマートフォンが禁止されている学校の生徒たちがテストでより良 い成績を収めたことを示した。

多くのカリフォルニア州の学校では、 新しい法案が採択される前でも、小・ 中学生は授業中に携帯電話のスイッチをオフにする義務があり、 高校生は教師の許可がある場合にのみスイッチを入れておくことができる。

ただし、 小児の精神に対するガジェットの影響に関する大規模な調査では、 現在、矛盾した結果が得られている。 英オックスフォード大学の研究者たちは、 このテーマに関する多くの科学論文の中に多数の統計的誤りが存在 するとして、この問題を説明している。研究者たちは、ガジェットが未成年者に与える害は、「せいぜい普通のジャガイモ程度」と結論付けた。 テクノロジー全般の影響について話す代わりに、 未成年者がどのように、 そして何の目的でデバイスを使用するかについて検討する必要がある。

関連ニュース

タグ
びっくり, 子供, テクノ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント