18:23 2020年02月18日
米国
短縮 URL
0 03
でフォローする

米国で実施された飲酒に関する調査の結果、一年間で最もお酒を飲む頻度が多い職業は軍人であることがわかった。ミリタリー・タイムズが伝えた。

スプートニク日本

調査では、米国の軍人は年間平均130日お酒を飲んでいることがわかった。

2位は、鉱山労働者(112日)、3位は、建設労働者(106日)だった。

ミリタリー・タイムズによると、軍人は1年の3分の1以上にあたる年間平均130日お酒を飲んでいることがわかったが、この数字は2014年から増え続けており、2017年までに34日増えた。

調査は、25種類の職業に就く約2万7000人を対象に実施された。

なお調査では、米国人は少なくともお酒1本を年間平均91日飲んでいることが示された。

関連ニュース

世界で最も多く酒を飲む国々を発表

タグ
健康, 研究, アメリカ軍, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント