11:46 2020年06月04日
米国
短縮 URL
人類にはまだチャンスがあるか? 地球のグローバルな環境問題 (206)
0 13
でフォローする

ドナルド・トランプ米大統領の会社の自社ビル8軒が、温室効果ガスの排出削減規則を遵守していないことから、同社に毎年210万ドルの罰金が科されるおそれがある。英紙「ガーディアン」が入手した資料と役人の発言を引用して、こう報じた。

スプートニク日本

 ガーディアン紙によれば、これらの建物が今後より環境に配慮することがない場合、ニューヨーク市当局は、トランプ大統領が代表を務める「トランプ・オーガナイゼーション」に対し、2030年から罰金を科す恐れがある。当局によれば、これらの建物が年間に排出する温室効果ガスは、自動車5800台の排気ガスに匹敵する約2万7千トンにも及ぶ。温室効果ガスの排出削減規則を遵守していないビルのリストには、5番街のトランプタワーとウォール街のトランプビルディングが含まれている。

ガーディアン紙は、「トランプ大統領に警告する。温室効果ガスを削減するか、罰金を支払ってください」というニューヨークのビル・デ・ブラシオ市長のコメントを掲載した。

関連ニュース

トピック
人類にはまだチャンスがあるか? 地球のグローバルな環境問題 (206)
タグ
環境
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント