05:12 2019年09月18日
緑

ワシントン州 肥料として人間の死体を利用することを承認

© Fotolia / Viperagp
米国
短縮 URL
0 53
でフォローする

米ワシントン州のジェイ・インスレー知事は、肥料として人間の死体を利用することを承認する法案にサインをした。米国でこうした法が承認されるのは、米国内ではワシントン州がはじめて。同法により、埋葬と火葬に代わり、こうした実践を選択することが可能となる。AP通信が報じた。

スプートニク日本

処理を行うことができるのは​ライセンスを得た事業者。死体は、木片やルーサン、藁と一緒にスチール製のコンテナに収められ、30日間かけて自然に分解される。その後、花や野菜、木々の栽培に利用できる​土壌​が、家族に提供される。

この法律の支持者たちは、このやり方は火葬や伝統的な埋葬方法に代わる環境に優しい方法であると​主張している​。火葬の場合、通常炭酸ガスが発生し、​また​伝統的な埋葬方法では、死体の保存のため、地下水と土壌を汚染するおそれがあるホルムアルデヒトが使用される。

同法を支持するワシントン州のジェイミー・ペダーソン上院議員は、同様の方法は、墓地の土地を確保するのが困難な都市にとって、良い代替案になると考える。法律は、2020年の5月に施行される予定。

​関連ニュース

タグ
米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント