02:08 2019年06月26日
米国防総省

米国防総省、ロシア製弾薬購入の入札を発表

CC0
米国
短縮 URL
201

米国防総省の調達部門は、政府のホームページに、NATOが使用しれていない武器用の弾薬入手の申請を掲載した。ディフェンス・ブログが伝えた。

スプートニク日本

リストに含まれているのは、トカレフ拳銃やマカロフ拳銃、カラシニコフ自動小銃の5.45ミリ口径と7.62口径ミリ、PKM(改良型カラシニコフ機関銃、PKT(カラシニコフ車載機銃)、DShK38重機関銃、YakB(4銃身ガトリング式重機関銃)の実包など。

米軍司令部は、米国本土外へ送る特別な弾薬と武器システムの供給者を見つけるための市場調査を行っているという。なお、どこへ送られるのかは不明。

関連ニュース

タグ
武器・兵器, 軍事, アメリカ軍, ロシア, 米国防総省・ペンタゴン, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント