21:23 2019年10月15日

F−35は米軍最悪の兵器の1つ=ビジネス・インサイダー

© 写真: Public domain/Staff Sgt. Madelyn Brown
米国
短縮 URL
未来の戦争 世界各国の軍事バランスはどう維持されているか (153)
0 81
でフォローする

米ニュースサイト「ビジネス・インサイダー」は、米軍が開発中の最悪の兵器プロジェクトワースト5に、F−35ステルス戦闘機を組み込んだ。その理由にコストと信頼性の問題を挙げた。

スプートニク日本

同サイトが指摘するところ、F−35プログラム実現の過程で、無数の技術的・生産的問題が発覚した。 

米国防総省が行った直近の検査では、F−35の信頼性と可用性の問題が依然残っていることが発覚。さらに、生涯コストはおよそ1兆2千億ドル(約130兆円)に膨れ上がったという。

F−35に加え、ビジネス・インサイダーはズムウォルト級ミサイル駆逐艦沿海域戦闘艦ジェラルド・R・フォード級航空母艦、レールガンをリスト入りさせた。

1 / 3
ズムウォルト級ミサイル駆逐艦

同サイトは「米軍は産業パートナーと共に、世界最良の兵器の1つを製造しており、その製造プログラムが予定通り順調に機能することはまれである」と結論づけた。

関連記事

トピック
未来の戦争 世界各国の軍事バランスはどう維持されているか (153)
タグ
F-35, 飛行機, 軍事, 米国, アメリカ軍
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント