08:09 2019年11月15日
F35戦闘機

F35戦闘機の新たな欠陥が明らかに

© 写真: Robert Sullivan
米国
短縮 URL
未来の戦争 世界各国の軍事バランスはどう維持されているか (160)
1165
でフォローする

米海軍と米海兵隊用の最新鋭戦闘機F35は、重大な欠点が複数ある。ニュースサイト「Defense News」が報じた。

スプートニク日本

F35が高高度を超音速で飛行可能なのは短時間のみ。制限時間を超えると機体が損傷し、ステルス性能が劣化する可能性がある。

同サイトが入手した文書によると、この問題は戦闘機が任務遂行する際の課題で、最も深刻なカテゴリー1に当てはまる。 

だが米国防総省は現在のところ、解決法を探そうとしていない。

これらの問題は2011年末に初めて明らかになった。マッハ1.3〜1.4での飛行後、F35Bのステルス塗装は「泡立」ち、F35Cは損傷した。

米国防総省を代表してF35プログラムを率いるマット・ウィンター副司令官は、政府が問題を完全に解決する代わりに、追加のリスクを受け入れる方針だと述べた。

関連ニュース

トピック
未来の戦争 世界各国の軍事バランスはどう維持されているか (160)
タグ
F-35, アメリカ軍, 軍事, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント