06:50 2019年10月15日

米富豪、北朝鮮ミサイル対策の防空壕掘る作業員が死亡し有罪に

© Fotolia / Dianaduda
米国
短縮 URL
0 05
でフォローする

米国の裁判所は、注文を受けて北朝鮮のミサイルに備えた防空壕を掘っていた男性作業員を意図せず殺害したとして、富豪の男に懲役9年を言い渡した。男は容疑を認めている。CNNテレビが報じた。

スプートニク日本

アフリカ系アメリカ人の作業員男性は2017年9月、米ワシントン郊外北西ベセスダにある、証券ブローカーのダニエル・ベックウィット容疑者(28)の自宅で起きた火災によって亡くなった。

​火災発生当時、2層式トンネルシステムの全長はおよそ200フィート(60メートル強)だった。ベックウィット容疑者は、北朝鮮からのミサイル攻撃に備えて地下施設を建設していると述べていた。

地区検察当局は、狭い通路とゴミの山という容疑者宅の住環境が、作業員男性の救出を妨げた可能性があると主張している。

​関連ニュース

タグ
裁判所, 北朝鮮, 米国, 殺害
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント