14:56 2019年08月26日
クレイグ・メイジン氏

ドラマ「チェルノブイリ」の目的は欧米の視聴者にソ連人の英雄的行為示すことだった=脚本家

© AFP 2019 / Angela Weiss
米国
短縮 URL
0 81

米英合作のミニドラマ「チェルノブイリ」の制作陣は何より、ソ連人の英雄的行為を示すことを目指した。米ワシントンにあるウイルソン研究センターで26日、ドラマの編集者でエグゼクティブプロデューサー、クレイグ・メイジン氏が強調した。

スプートニク日本

「西側の視聴者にソ連人の英雄的行為を見て欲しかった。私たちはこれを目にしたことがない。私たちはソ連上層部への批判をかなり目にしており、それは正当な批判だ。私たち(ドラマ撮影班)は(作品で)この面も捉えている。一方、私たちはソ連人に関する歴史と、彼らの人生がどのようなものだったか、その人生の真実に関する彼らの見解を目にしたことがない」

メイジン氏は、ドラマ制作陣は西側諸国で広まっている、ソ連での人生ほぼ全てが「トイレットペーパーを求める行列」に並ぶことに帰するといったステレオタイプから離れたかったと述べた。「(一方で)何世紀にもわたる大惨事と悲しみを受け継ぎながら、互いを救うためにしなければならなかったことをする準備ができていた素晴らしい人々だった。私は、人びとにこれを知って欲しかった」と指摘した。

関連ニュース

タグ
映画, びっくり, 歴史, ソビエト連邦, チェルノブイリ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント