05:33 2019年12月12日
ジョージ・マーティン氏(アーカイブ写真)

『ゲーム・オブ・スローンズ』の作者 インターネット普及でファン社会に広がる毒

© East News / KEYSTONE
米国
短縮 URL
0 20
でフォローする

『ゲーム・オブ・スローンズ』の原作『氷と炎の歌』の作者ジョージ・R・R・マーティン氏はポッドキャスト『マーティン・オン・ムービーズ』の中で、インターネットの拡大が物語のファンの間のディスカッションに与えた影響は前向きというより、おそらくネガティブなものだったとする見解を表した。

マーティン氏は「昔、コミックスやSFのファンが作っていたソサエティに比べ、インターネットのそれは毒がある。昔だって意見の対立、反目はあった。だが、今のネットにみられるような途方もないバカげたことはなかった。

『ゲーム・オブ・スローンズ』の最終回に多くのファンはがっかり

多くのファンたちは、シリーズの結末に納得がいかなく、シーズン8の撮り直しを求める請願サイト「Change.org」を開設した。原作者のジョージ・R・R・マーティン氏は、彼の本では、最終回は別のものになる可能性がほのめかされていた。

また先に、『ゲーム・オブ・スローンズ』の撮影の主要部分が行われた北アイルランドで、原作者ジョージ・R・R・マーティン氏による魔法世界の物語のスピンオフの撮影が開始された。

ゲーム・オブ・スローンズに関するニュースは、こちらからご覧いただけます。

タグ
ジョージ・R・R・マーティン, 文学, 氷と炎の歌, 映画, びっくり, インターネット, ゲーム・オブ・スローンズ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント