20:37 2019年07月21日

トランプ氏、国内でのウラン生産割り当て設定を拒否

© AP Photo / Rick Bowmer
米国
短縮 URL
101

トランプ米大統領は、国内でのウラン生産割り当て設定を拒否した。ロイター通信やブルームバーグがトランプ氏の覚書きを基に報じた。

覚書きでトランプ氏は、ウランの輸入が米国の国家安全保障を損なう恐れがあるとする米国商務省の調査に同意しなかった。その上で、調査結果が懸念を引き起こすとして、より深い調査を命じた。覚書きには、「現時点では、核燃料サプライチェーン全体に関する国家安全保障上の考慮事項のより詳細な分析が必要だ」とある。

米国内のウラン生産は史上最も低い水準に

昨年7月、商務省はエナジー・フュエルおよび ウル・エナジー両社がウラン輸入量を制限するよう米政府に要請したことを受け、調査を開始。2企業は、2017年に米国でのウラン生産が史上最も低い水準に落ち込んだと訴えた。2017年のデータによると、米国の民間原子炉に用いられたウランのうち国内で生産された量はわずか7%。残りはカナダ、オーストラリア、カザフスタン、ロシアから調達された。

関連ニュース

日本政府 核合意履行の立場に速やかに復帰を イラン政府に呼びかけ

タグ
米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント