09:16 2020年07月15日
米国
短縮 URL
0 12
でフォローする

インターネットで米国のドローン型火炎放射器TF-19Waspの実演動画が公開された。動画は、ユーチューブチャンネルThrowflameで視聴が可能。

動画では、ドローンが目標に接近し、瞬時に強力な火炎放射を行う様子を見ることができる。

ポータルサイトTask & Purposeの情報では、ドローンTF-19Waspはプラズマ点火システムを使用している。また、同機は100秒間に渡り火炎放射を行うことが可能。その際、約3.7リットルのガソリンを消費する。

同サイトによれば、ドローンは農作業のニーズに応じて開発がされた。

関連記事

タグ
動画, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント