00:36 2020年04月07日
米国
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

トランプ米政権はタリバンとの新たな合意の枠内で数千人の米兵の引き上げを計画している。これにより現在の1万4千人規模のアフガニスタン駐留米軍は8千から9千人にまで縮小されうる。ワシントンポスト紙が報じた。

駐留米軍の縮小と引き換えにタリバンはアフガニスタン政府との和平交渉を開始せねばならない。米国とタリバンの合意には停戦の他にアルカイダとの断絶も含まれている。

ワシントンポスト紙はこの提案についてアフガニスタン担当のザルメイ・ハリルザド米特使が数か月にわたってタリバンとの交渉を行った成果と報じている。

ハリルザド特使によれば、合意はアフガニスタンで行われる9月の選挙までに最終的に決定される可能性がある。

ハリルザド特使はカブールでの協議終了後、ツィッターを通して、今回の訪問は実り大きい結果に終わったと報告し、「米国とアフガニスタンは次のステップについて合意に達しており、合意は現在、仕上げの段階にある」と書いている。

関連ニュース

トランプ大統領、国防予算削減の意向を表す

タグ
アメリカ軍, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント