06:18 2019年11月18日
警察

米国の女性年金生活者 テキサス州で銃乱射を阻止

© 写真 : Jorge Salgado
米国
短縮 URL
0 44
でフォローする

米テキサス州の年配の女性があるホテルでの銃の乱射を阻止した。「USAトゥデイ」紙が報じた。

報道によれば、ウィリアム・パトリック容疑者(19)は、小銃カラシニコフを購入し、「警官が自分を殺してくれる」ように、「地元のホテル」で銃を乱射する準備をしていると自分の祖母に語った。驚いた祖母は、孫を説得し、彼を病院に連れて行くことにした。

​警察は、ウィリアム容疑者が予約した部屋を捜査し、そこでカラシニコフ銃と弾の入った弾倉17個を発見した。

ウィリアム容疑者は、武器購入の際に虚偽の情報を提供したことで逮捕された。

書類への記載の際に偽の住所を記入したことが明らかとなった。同容疑者には5年の禁固刑が言い渡されるもよう。

この事件は、テキサス州エル・パソとオハイオ州デイトンで発生し、31人が犠牲となった2件の銃乱射事件の数週間後に起きた。

タグ
発砲, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント