17:26 2020年04月06日
米国
短縮 URL
0 24
でフォローする

米マイクロソフトは、ロシアのハッカーとみられる集団がプリンターを使って企業ネットワークに侵入していると発表した。ドイチェ・ヴェレが報じた。

マイクロソフトによると、先に、接続された機器を使って行われた可能性のある企業ネットワークへの侵入が発見された。

ドイチェ・ヴェレは、2016年の米国選挙に「介入」したとされるロシアのハッカー集団が実行した可能性があるとの見方を示している。

一方、マイクロソフトは論拠も提示せず、非難に関する説明も一切していない。


所謂「ロシアのハッカー集団」による2016年米大統領選挙への介入に関する調査は、2016年11月にトランプ氏が選挙で勝利した後に開始された。今年3月末、米司法省は、米大統領選にロシアが介入した疑惑についての捜査について、米国のロバート・モラー特別検察官は同選挙でドナルド・トランプ氏やトランプ陣営がロシアと共謀または連携した証拠を見つけなかったと発表した。

関連記事

タグ
露米関係, 米国, ロシア, ハッカー
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント