23:16 2019年11月17日

米国ミズーリ州 銃器携帯の権利を確認しようとスーパーにライフル持参 男性はテロ容疑で起訴される

© AP Photo / Lisa Marie Pane
米国
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

アメリカ、ミズーリ州スプリングフィールド市に住むドミトリー・アンドレイチェンコ氏(20歳)は、地元スーパー「ウォールマート」に銃器を持って訪れたところ、テロ容疑で起訴された。

アンドレイチェンコ氏はスーパーにライフルと100発のカートリッジを備えたボディアーマーで現れ、その様子をスマホで撮影していた。スーパー訪問客への威嚇は行っておらず、武装した店の警備員の要求通り、抵抗せずに武器を外し、降伏した。

アンドレイチェンコ氏は拘束後、警察に対して、特別な実験を行ったと説明した。アメリカ合衆国憲法修正第2号により保証された市民の権利が守られるかどうか、確認したかったのだという。ミズーリ州の法律は公共の場における銃の携帯を禁止していない。

このような説明にもかかわらず、アンドレイチェンコ氏はテロ容疑で正式に起訴された。法律は最高4年の実刑を規定している。地元検察庁では、銃器携帯の権利は、“他人を怖がらせ、不注意で犯罪的な行動をとることは許していない”と指摘している。

アメリカでは、8月初旬に2件の銃乱射事件があり、犠牲者を多数出している。この影響で、銃所有権を厳しくする必要性について議論が高まっている。

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント