13:06 2019年11月22日
ユニバーサル・ピクチャーズ、米国での銃乱射事件を受け、映画の公開を中止

ユニバーサル・ピクチャーズ、米国での銃乱射事件を受け、映画の公開を中止

CC BY-SA 2.0 / William Cho / Universal Studios @ Resorts World Sentosa
米国
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

米国の映画会社ユニバーサル・ピクチャーズは、米国で発生した銃乱射事件を受け、映画『ハント』の公開を中止したと発表した。

ユニバーサル・ピクチャーズはツイッターに「ユニバーサル・ピクチャーズはすでに『ハント』のマーケティングキャンペーンを一時停止していたが、熟慮した結果、同映画の公開計画を中止することを決定した」と発表した。

また、今は「同映画を公開する時ではない」が、映画製作者を今後も支援し、「大胆で先見の明のある」クリエイターらと一緒に映画を制作する予定だという。

映画『ハント』は、気づいたら森の中にいた見ず知らずの12人が、富裕層のエリートたちの「狩りゲーム」のターゲットにされるという話。同映画は9月27日に公開予定だった。

8月3日、メキシコとの国境に近い米テキサス州エルパソ市のスーパー「ウォルマート」で、21歳の男が銃を乱射し拘束された。男はテロ罪に問われている。犠牲者の中にはメキシコ人もおり、人種差別を背景とする憎悪犯罪の可能性があるとみられている。事件では22人が死亡、20人以上が負傷した。

タグ
米国, 映画
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント