23:11 2019年11月17日
エドワード・スノーデン (アーカイブ写真)

スノーデン氏、アメリカ帰国の条件について語る

© AFP 2019 / Frederick Florin
米国
短縮 URL
0 53
でフォローする

元アメリカ国家安全保障局(NSA)局員のエドワード・スノーデン氏は、NPRラジオのインタビューに応じ、陪審員がスノーデン氏の証言を聴き、公開の罪に問われている機密文書を陪審員が見ることができるならば、米国に戻る可能性もある、と答えた。スノーデン氏は、そのような条件下でのみ、自身の行動と公正な裁判に関して独立した評価を得られると語った。


スノーデン氏はすでに6年ロシアで生活しており、隠れ家と居住許可が与えられている。アメリカでは、2013年6月にPRISM(政府のインターネットユーザー監視プログラム)に関する機密文書を記者に渡したとして、スノーデン氏はスパイ行為で起訴されている。それ以来、米国家安全保障局はスノーデン氏を裏切り者と見なし、一方、多くの人権活動家はスノーデン氏が、市民が知らない間に大量監視されていることを白日のもとに晒したと考えている。


木曜日、スノーデン氏はモスクワからNPRラジオのインタビューに応え、この国で暮らすことを彼が選んだのではない、それを皆は忘れている、と強調した。

スノーデン氏は27カ国に亡命を申請したが、アメリカが彼のパスポートの失効手続きをとったため、エクアドルに到着する代わりにロシアの空港に40日間留まることとなった。スノーデン氏は、もしロシアの特殊機関と協力することに同意していたら、初日にリムジンで宮殿に運ばれ、赤の広場で彼のためにパレードが行われていただろう、と語る。しかしスノーデン氏はモスクワに発つ直前に機密情報へのアクセスを壊し、クレムリンに何らかの情報を渡すことを拒んだのだ。

スノーデン氏はNPRラジオで帰国について、アメリカに帰るとすれば、陪審員に自身の行動の理由を話すことが保障され、かつ記者に渡した機密文書を陪審員が自分の目で評価する場合に限る、と述べた。でなければ、同様の状況にいる他の人びとに悪い例を示すことになる、という。

「これら情報の公開が正しかったかどうか、陪審員が判断できない場合、情報公開に関して公正な評価というのはあり得ない」。

関連記事

タグ
露米関係, ロシア, 米国, エドワード・スノーデン
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント