04:35 2019年11月20日
米空軍 戦闘機

米空軍、次世代戦闘機開発のアプローチを根本的に変える=ディフェンス・ニュース

CC0 / Pixabay
米国
短縮 URL
未来の戦争 世界各国の軍事バランスはどう維持されているか (161)
146
でフォローする

アメリカ空軍は、将来の戦闘機の開発戦略を変更する用意がある。アメリカ国防省では一連の航空機の選定が始まるため、F35はもう間もなく古臭いものになるかもしれない。ディフェンス・ニュースに対し、米空軍ウィル・ポッパー調達部長が語った。

ポッパー調達部長によると、ロッキード・マーティンやノースロップ・グラマンなどをはじめとする複数のメーカーが限定数で戦闘機の製造を開始する。その後、国防相ではF22F35、その他多くの航空機と同じようなステップで航空機の選定が行われる。その際、一度に複数の機材が採用される可能性もあるという。

ポッパー調達部長によると、このようなアプローチはセンチュリーシリーズの戦闘機開発の状況と似ているという。その時は比較的短期間でF100からF106までの航空機が製造された。

調達部長はまた、同系の名前がついた航空機を早期更新することで、中国やロシアのような米国の潜在的敵国には分かりにくくなるだろう、と付け加えた。

10年間常に更新を繰り返すことで、2030年代初頭の米空軍は根本的に新しい戦闘機を手にするだろう、とポッパー氏は語る。その戦闘機はオープンアーキテクチャを持ち、プログラムソフトは簡単に更新できるようになるという。複数の開発者によるプログラムを使うことも考えられる。またその戦闘機は、「目や耳となる」ドローンと密接に連携するだろう。

次世代型戦闘機製造を想定した、Next Generation Air Dominance(次世代制空戦闘機構想;NGAD)の枠内の諸変更は10月1日から実施される。

関連記事

米国空軍 F-35Aにかわる第6世代新型戦闘機の開発を断念する可能性

トピック
未来の戦争 世界各国の軍事バランスはどう維持されているか (161)
タグ
米国, 軍事, アメリカ軍
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント