23:20 2019年11月17日
米国のトランプ大統領

トランプ大統領の弾劾 米国で賛否が分かれる アンケート結果から

© REUTERS / Jonathan Ernst
米国
短縮 URL
0 16
でフォローする

米国のトランプ大統領の弾劾に関しては、米国内で賛否が大きく分かれる結果となった。ワシントン・ポスト紙とABCニュースが実施したアンケート調査から明らかとなった。

10月31日、米下院はトランプ大統領の弾劾手続きの開始を形式化するための議決を多数決で行った。下院の野党であるすべての共和党員がこの採決に反対を表明した。採択された決議は証人の審問手続きやその他の弾劾手続きを規定している。

アンケート調査の結果によれば、米国人の49%は弾劾を受けたトランプ大統領は罷免されるべきと考え、47%がこうした決定には反対と回答した。

同様の調査は2017年にも実施されており、その際、弾劾の賛成者は今回よりも少なく、回答者の43%だった。


なにが起こったのか

民主党員らがトランプ大統領に対する弾劾手続きを開始したのは、トランプ大統領が自身の政敵に対する調査を実施させるため、ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領に対し圧力をかけた疑いが浮上したため。トランプ大統領は、ウクライナ政府に対し汚職と対決するよう呼びかけたが、その事に対しては完全に権利があると表明している。

タグ
米国, ドナルド・トランプ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント