02:51 2019年12月10日

米下院委が弾劾調査報告書を公表 大統領を権力乱用で批判

© AFP 2019 / Brendan Smialowski
米国
短縮 URL
0 31
でフォローする

米下院情報特別委員会は3日、ウクライナ疑惑を巡るトランプ大統領の弾劾調査報告書を公表した。民主党はトランプ氏が2020年の大統領選再選を狙ってウクライナによる選挙干渉を求めたほか、議会妨害も指示したと非難した。ロイター通信が報じた。

300ページに上る報告書は、トランプ大統領にさまざまな権力乱用があったと指摘。自身が政治的に有利になるようウクライナのゼレンスキー大統領に圧力をかけるため、軍事支援やホワイトハウス訪問の約束を利用したと結論付けた。

また民主党側は、トランプ大統領が議会の弾劾調査を妨害する取り組みを行ったとした。その上で、トランプ大統領の不正に関する証拠は圧倒的で、議会妨害の証拠も同様、と批判した。

これに対し、ホワイトハウスのグリシャム報道官は大統領による不正の証拠は出てこなかったと反論した。

関連ニュース

タグ
ウクライナ, ドナルド・トランプ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント