04:24 2019年12月06日
新世代の「バージニア」級の多機能原子力潜水艦

米国海軍 原子力潜水艦9隻の開発に過去最高額の契約を締結

© 写真 : U.S. Navy photo/General Dynamics Electric Boat
米国
短縮 URL
0 02
でフォローする

米国海軍は軍艦建造で過去最高額の契約を締結した。この契約により、新世代の「バージニア」級の多機能原子力潜水艦9隻が開発される。CNNが報じた。

契約価格は222億ドル超(約2兆4千億円)となった。この場合、契約には「バージニア」級の潜水艦10隻を開発するというオプションが付けられた。報道では、この場合、契約の総額は最高240億ドルになるという。

現在、米国海軍で活用されている「バージニア」級の潜水艦は18隻、さらに10隻が建造中である。CNNによれば、さらに2025年から2029年に完成予定の潜水艦9隻は、技術的プランで大幅な改良が見込まれるという。

これらの潜水艦の攻撃力は実質的に強化される。新型潜水艦は巡航ミサイル「トマホーク」を最高40発発射することが可能となる。現在、このタイプの潜水艦の攻撃力は「トマホーク」が12発と制限されている。

「バージニア」級の潜水艦は、米国海軍の主要な多目的海上軍備である。これらは他の潜水艦や艦船と共同で戦闘を遂行し、沿岸の標的を攻撃することができる。このタイプの潜水艦はまた特殊作戦、とりわけ、インテリジェンスの収集が可能。

タグ
ミサイル, 潜水艦, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント