17:01 2020年10月26日
米国
短縮 URL
0 22
でフォローする

米空軍の無人偵察機RQ-4Aグローバルホークが6日、ロシアのクリミア半島とクラスノダール地方付近の上空で、7時間にわたる偵察飛行を行った。西側の複数の航空情報源によるモニタリングデータでわかった。

モニタリングデータによると、RQ-4Aグローバルホークがイタリアのシチリア島にあるシゴネラ空軍基地から飛び立ち、モスクワ時間6日14時50分(日本時間6日20時50分)から7時間にわたりロシアの黒海沿岸地帯に沿って飛行した。

RQ-4Aは、敵国領土の奥深く数百キロの距離まで偵察できる性能を持つ。今回のRQ-4Aは、時折ロシアの沿岸上空まで約40キロの距離に近づきながら、黒海の公海上空の高度1万6千メートルを飛行。

黒海に面するロシア国境付近の上空において、米無人機による飛行が記録されるのは今週3回目だという。

関連ニュース

タグ
無人機, アメリカ軍, ロシア, 軍事
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント