12:10 2020年02月18日
米国
短縮 URL
トランプ大統領の弾劾・罷免 (27)
0 21
でフォローする

この週末、Twitter(ツイッター)社は、トランプ米大統領のツィートに同氏に対する弾劾訴追の原因となった情報提供者とされる人物の氏名が公表されていたとして、このツィートをブロックした。トランプ米大統領はTwitterのブロックにより数百万人のユーザーアカウントに影響が生じたとして同社を非難した。

ロイター通信の報道によれば、28日、トランプ大統領のツィートから内部告発者の名前が記載されたツィートが姿を消した。この人物は米国諜報機関の職員とされている。消えたツィートは翌29日に再び現れたものの、最初にあった内部告発者のアカウントは削除されていた。

Twitter社はこれが起きたのは「システムの故障」が原因と説明している。結果として大統領をはじめとする幾人かのユーザーのアカウントが被害を受けた。

Twitter社の広報担当は、同社のポリシーでは内部告発者とされる人物を含む、個人情報を書かれたツィートはいかなるものも同社の規則に違反とみなされることを明らかにしている。一方で氏名は個人情報のカテゴリーには属さない。  

民主党や、数名の共和党員、情報機関のメンバーの中からは内部告発者の氏名公開は違法行為であるとし、断固とした異議が表明されている

内部告発者はトランプ氏がウクライナのゼレンスキー大統領との通話で、バイデン元副大統領とその長男のハンター氏のウクライナにおける活動を捜査するためにゼレンスキー氏に圧力をかけようとしていたのを見咎め、通話内容を公表していた。この情報が発端となり、米議会下院はトランプ氏を非難し、弾劾訴追プロセスが開始された。

トピック
トランプ大統領の弾劾・罷免 (27)
タグ
米国, ドナルド・トランプ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント