11:29 2020年04月01日
米国
短縮 URL
0 16
でフォローする

米国の国防高等研究計画局は、極超音速兵器の迎撃手段を製作するため、必要な技術開発について軍需メーカー「ノースロップ・グラマン」社と契約を交わした。米国防総省がプレスリリースで発表した。以前、米国は極超音速兵器の開発用の財政を倍加したこと、また、2021年にさらに多くの予算が支出される予定であることを発表した。

プレスリリースによれば、契約はGlide Breakerプロジェクトの一環として総額1300万6千ドル(約14億2100万円)で署名された。作業は2021年1月までに完了する予定。

プレスリリースでは、「今回の契約は、大気圏上層での機動的極超高速脅威の迎撃手段の製作のために必要な技術の開発と発展、デモンストレーションを提供する」と強調した。

以前、米国防総省では、ロシアと中国の開発を受け、極超音速兵器の分野で指導権を失ったことを認めた。ロシアはこの間、すでに公式に極超高速兵器を装備したことを表明している。

タグ
武器・兵器, アメリカ軍, 軍事, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント