21:03 2020年07月04日
米国
短縮 URL
0 10
でフォローする

治安当局はホワイトハウスの近くでフロリダ州出身の男性(25)を逮捕した。男性はトランプ大統領の殺害を予告したとみられる。男性の氏名はロジャー・ヘジェペス。ワシントンポスト紙がワシントン警察の発表をもとに報じた。

ワシントンポストの報道によれば、事件は2月8日の日中に発生したが、当局が事件の発表を9日になって公表へ踏み切った。フロリダ州出身の男性は治安当局に対し、「トランプ大統領殺害のためのナイフ」を用意して携帯していると自ら出頭。米シークレットサービス(USSS)は逮捕された男性の指名を公表、「極めて倒錯した危険人物」としている。また、発表によれば、男性は心理カウンセラーによる治療を受けている模様。

シークレットサービスは人に危害を加える可能性があると見て、男性を危険人物として拘束している。

治安当局によれば、男性は左太ももに刃渡り9センチのナイフを隠し持っていたほか、右太ももには拳銃のホルスターを携帯していた。ただし、ホルスターは空で、拳銃は所持していなかった。

関連ニュース

タグ
事件, ドナルド・トランプ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント