19:33 2020年05月29日
米国
短縮 URL
0 81
でフォローする

ドナルド・トランプ米大統領の支持率が、就任後最高の47.1%に達した。しかしその一方、不支持率の平均値は49.6%と、依然として不支持率の方が高い。米政治専門サイト「リアル・クリア・ポリティクス」が明らかにした。

同サイトは、トランプ氏の大統領就任(2017年1月)以降の支持率を国内の主要な社会学的調査結果から分析している。

最新の3月26日の調べではトランプ大統領の支持率は、就任後最高値を記録した。しかしそれでも支持率は不支持率の平均値を超えていない。(注:データには、就任直後の第1週目の支持率はカウントされていない)同大統領のこれまでの最高支持率は、2020年2月25日の46.3%。

トランプ大統領の支持率上昇の背景には、新型コロナウイルス対策、パンデミックによる経済的影響を受けた米国人を支援するための米政権の取り組みなどがある。

中でも国民への最大の支援策は、米上院とトランプ政権が25日に合意した2兆ドル(約220億円)の経済対策

その経済対策には、国民への現金給付、家賃支払いの猶予などが含まれる。一方、米国労働省の3月26日の発表によると、21日までの1週間に新規失業保険申請件数は前週の申請件数28万2000件から300万1000件も増加し、328万3000件に達した。

関連記事

タグ
ドナルド・トランプ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント