22:53 2020年06月05日
米国
短縮 URL
0 03
でフォローする

3月28日までの1週間での米国の失業給付の新規申請件数が334万1000件増加し、664万8000件となった。米国労働省が発表した。同省は、この申請数は、これまでの記録上、1週間の件数としては過去最高となったと指摘した。

この場合、この4週間での新規申請の平均数は160万件から261万2000件まで増加した。当初の件数は99万8250件だった。

3月21日までの1週間で米国の失業給付を受給した人の数は302万9000人まで増加した。この数は2013年7月以来最大となり、その際の失業給付の受給者数は307万9000人だった。

関連ニュース

医療用マスク:使用説明書
Sputnik / Savitskaya Kristina
医療用マスク:使用説明書

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント