22:34 2020年06月05日
米国
短縮 URL
0 21
でフォローする

米司法省と米連邦航空局(FAA)は、ボーイング737 MAXの長年にわたる品質管理問題を調査している。米ウォール・ストリート・ジャーナルが報じた。以前、複数のボーイング機の燃料タンクから異物が発見され、ボーイング社は新型機「737 MAX」の点検を開始せざるをえなくなったと報じられていた。

同紙によると、司法省とFAAは「737 MAXを生産する際のミスによって生じた潜在的に重大な安全性の問題を綿密に調査している」という。両機関は、ボーイング社が規定の安全要件に違反したことを証明するかもしれない生産上の問題を調査している。。

情報筋によると、11月に行われた737 MAX機の検査の結果、そのほぼ半数の機体の燃料タンクやその他の内部コンパートメントから異物が発見された。

ウォール・ストリート・ジャーナルによると、FAAは安全性に重要な脅威をもたらす恐れのある異物が検出された問題により、ボーイング社に数百万ドルの罰金を課すことを検討している。またFAAも、今後数ヶ月間に737 MAXの生産再開が見込まれていることを背景に、国家機関による監督を強め、品質検査を強化していく予定。


ボーイング機墜落事故の原因は技術的な欠陥

2019年10月、JATR(Joint Authorities Technical Review)の国際専門家グループは、737 MAX機の認証にあたりボーイング社と米連邦航空局(FAA)が犯した重大な不備を指摘した。専門家らによると、特に操縦性補正システム(MCAS)に関する重要な情報がFAAに全て提供されていなかった。

2018年10月29日、ジャカルタからスマトラ島近くの島に向けて離陸したインドネシアの格安航空会社ライオン・エアのボーイング737 MAX 8型機が、離陸から13分後に西ジャワ州近くの海に墜落した。189人が亡くなった。

2019年3月には、乗客乗員157人を乗せたエチオピア航空のボーイング737 MAX 8型機がエチオピアのデブレ・ゼイト近くで墜落した。

これらの墜落事故を受けて、約20カ国が同型機の領空内の飛行を禁止し、多くの航空会社がボーイング737 MAX 8型機の運用を中断した。米国ではFAAが同型機の運用を禁止した。事故原因を調査する中で、MCASの操作ミスの可能性が明るみになった。ボーイング社はこれらの問題の解消に取り組んでおり、パイロット訓練プログラムを刷新した。

タグ
飛行機
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント